冬の冷え性対策

冬の冷え性対策

私は10代の頃から冷え性で、寒い季節は本当につらいです。

 

特に夜、布団に入ってからも足が冷え切っていてなかなか眠れません。

 

布団をボリュームのある羽毛にしてみても、上半身は温まるのですが、足の先だけが冷たいままなのです。

 

30分以上眠れないときもよくあり、早く冬が終わらないかなと毎年思っていました。そして今年、同じく冷え性の友達から勧められて布団乾燥機を購入しました。

 

布団乾燥機といえばシートを広げたりするのが面倒というイメージがあったのですが、最近はシートもなく、スイッチを入れるだけで使える機種があるんですね。

 

冬の冷え性対策|30代OL智子の日記

さっそく寝る前に30分ほど布団乾燥機の暖めモードを使ってみました。

 

そして布団に入ってみると、思っていた以上に暖かいです。
ふんわりとぬくもりに包まれる感じで、冷え切っていた足の先もポカポカになりました。

 

とても快適で、いつの間にか眠っていました。

 

こんなにいいのなら、もっと早く買うべきでした。冷え性の私には必需品になっています。

 

冷え性のせいで生理痛もひどくて腰や足がしびれるほどでしたが、布団乾燥機を使い始めてからこのしびれも以前より緩和されています!これで寒い冬も乗り切れそうです。

血流をよくすることが肝心

私は万年冷え性でしたが、3年程前から生活に取り入れたことがあり、冷え性がかなり改善されました。

 

それは運動です。

 

それまでは冷え性はとにかく温かい格好をし、湯たんぽ等で温め、しょうが紅茶を飲むという方法でしたが、なかなか改善されませんでした。

 

一時的に温かくなりますが、常に基礎体温も低めの35度後半でした。

 

これではいけないと思い、筋力トレーニングを生活に取り入れました。

 

冬の冷え性対策|30代OL智子の日記

主にDVDでのエクササイズですが、かなりハードで1時間のプログラムです。

 

内容はダンベルを持つものからダンス等盛合せで特に下半身のトレーニングが多いです。

 

下半身を鍛えると基礎代謝が上がるといわれているからか、エクササイズ中は体が熱く汗だくになります。

 

気持ち良い程汗をかくので運動した感がかなりあり、1時間のコースもだんだんと体力がつききつくならなくなります。

 

気が付いたら体力がついており、また肩の血流がよく流れているのがよくわかり、今までの肩こりが改善されているのを実感しました。

 

冷え性についてはいつのまにか気が付いたら体が冷えなくなっているのを実感しました。

 

体の他の部分にも効果を実感したので運動等して筋肉をつけ血流を良くすることで、冷え性が改善されることを実体験をもって確認しました。

 

(参照:マナラホットクレンジングゲル

私の冷え性対策

私は子供の時から、冷え性に悩まされていました。

 

しもやけになったり、足が寒くて眠れなかったりということもありました。

 

しかし、ここ最近は冷え性にはなっていません。

 

というのも普段から冷えないようにして、極力下半身を冷やさないようにしているからです。

 

最近は、私はなるべく遠赤外線の靴下を愛用し、式服着用のような必要なとき以外は、冷え性対策として、冬場はズボンをはくようにしています。

 

冬の冷え性対策|30代OL智子の日記

スカートをはくとやはり、タイツなどをはいても冬場は底冷えするので、「冷え」は押さえられません。

 

私はスカートをはいてブーツにしても、太股が冷えると足全体が冷え始めるので冷え性にはスカートは大敵です。

 

そうしているうちに冷え性は全くなくなりました。

 

また、なるべく時間があるときにはココアを飲むようにしています。

 

ココアを飲むと体がぽかぽかしてきて、かなりの間持続してくれます。

 

太らないように、ピュアココアや純ココアと記載されたものを選んで買うようにしています。

冷え症に火を通した生姜が効きました!

長年手足の冷えに悩まされていた私ですが、火を通した生姜を摂取することで冷え症が改善してきました。

 

冷え症になると、手や足がまるで氷のようにキンキンに冷たくなります。

 

氷を持っているのではないかというくらいに冷えるので、つらいし夜もなかなか寝付けなくなります。

 

足先が冷えたままだと、リラックスができないため不眠症にもなりやすくなるようです。

 

そのため冷えを改善させるために寝る前にお風呂に入り、マッサージを行っているのですが、なかなか根本的な解決ができません。

 

しかし最近、あることを始めてから冷え症が改善してきました。

 

そのあることとは生姜を摂取することです。

 

ただ、生姜の摂取にあたり注意しなければならないのが生姜の調理方法。

 

おろした生姜をそのまま紅茶などに入れて飲む人も多いようですが、実は生の生姜は却って冷え性を悪化させるのだそうです。

 

そのため私は調理の際に生姜を使って、火を通してから摂取するようにしています。

 

鍋などに入れると体が温まり、手足の先の冷えが消えていくのがわかるのです。
やはり生姜の力はすごいですね。

辛い冷え性にはこんな対策法もおすすめ!

冷えを改善するためには日頃から意識して身体を温めることが大事です。

 

女性には、冷え性に悩んでいる人も少なくありません。

 

冷え性があまりにも酷い場合には、手足が冷たく、冬などは動きたくない、ずっとこたつや暖房のある部屋に居たいと言う人も中にはいるようです。

 

しかし、仕事などがある場合には、家に篭るのも難しいものですし、何のかんのと出かける用事が女性にはあるものです。

 

そのため、外出する際には、使い捨てカイロが手放せないと言う人もいます。

 

けれど、身体の冷え性を緩和させない限りは、なかなか辛い冷えを取り除くことは出来ませんので、出来る限り冷えたい策をしていく必要があります。

 

[外に出る際には出来るだけ身体の露出を抑えること!]

 

女性の中には、冬場でも薄いトップスを着たり、おへそを出して歩いている若い女性も少なくありません。

 

そのため、身体の露出から、冷えをもっと酷くしてしまう可能性もあります。

 

冷え性を改善するならば、出来るだけ夏の暑い日でも露出を控え、しっかりと身体を覆うような服装をするようにしましょう。

 

[紅茶を飲む際には生姜をプラスしよう!]

 

他にも、冷えを改善する方法として、身体を温める作用のある食材を取るのもおすすめです。

 

特に生姜は、身体を温める効果があり、いろんな料理にも使いたい食材です。

 

生姜を擦るのが面倒だと言う場合には、手軽に使えるチューブ式の生姜もありますので、冷蔵庫に常備しておくのも良いでしょう。

 

生姜は料理にも良いですが、紅茶を飲む際に、生姜を少し入れるのも、身体を温めるため良いことです。

 

冬の寒い日などには、コーヒーやココアも美味しいですが、生姜入り紅茶で身体を温めるのもいかがでしょうか?

 

クリアネオ